SocialOjisanStyle

初対面でも会話が弾む ソーシャリアル名刺の作り方

cover_oj_kusakari-fukuda

名刺交換がただの儀礼的なものとなっていませんか?

名刺を「自身や会社のブランディング」「商品の売り込み」「人脈の構築」
といった、ビジネスに役立つツールとして実際に役立てる方法を伝授します。

【このような方に読んでもらいたい!】

・自分や会社をブランディングしたいと思っている人
・商品を売り込んだり、会いたい人に会って人脈を築いたりしたい人

kindle_buttan

○概要

ビジネスに置ける必需品、名刺。

日本では毎日何万枚もの名刺が人と人の間を行き交っています。しかしながら、本来コミュニケーションツールとしての役割を、正しく果たしている名刺は極めて少ないのが現状です。名刺交換はただの儀礼的なものと化してしまっていて、これからのビジネスに繋がってはいません。

しかし、逆手にとれば、名刺交換は必ずビジネスにおいて必ず行われるものなのだから、名刺を活かすことができたらビジネスに繋げる事ができる、つまり自分や会社をブランディングしたり、商品を売り込んだり、あるいは会いたい人に会って人脈を築いたりと、周りから抜きんでることができるのです。

本書では、SNS時代において名刺を「自身や会社のブランディング」「商品の売り込み」「人脈の構築」といった、ビジネスに役立つツールとして実際に役立てる方法を解説し、名刺を真に効果的なコミュニケーションツールに変える方法を紹介します。

またデザイン、どのような内容を載せると相手に刺さるのかといった内容、さらには新しい技術を盛り込んだ新時代の名刺などを、実際の成功事例と絡めて数多くを紹介し、実際に名刺の扱い方や載せる内容を工夫したり新しい技術を用いることで、成功に至った多くの事例も紹介しています。

本書を読むことで、名刺であなたのビジネス課題を解決する方法がわかります。

■「SocialOjisanStyle」とは
世の中には、電子書籍でも紙の本でも、たくさんの本があります。でも「かゆいところに手が届く本」はなかなかないと思います。「SocialOjisanStyle」は、Webマガジンと紙の雑誌の中間くらいに位置する、人生を楽しくするガイドブックシリーズのような、ライフスタイル提案型の電子書籍レーベルです。

ひとりひとりの「ソーシャルおじさん」が、自分の専門分野の話をちょっとずつみんなに教えてあげて、ちょっとずつみんながHappyになっていったり、ソーシャルおじさんズが見つけた情報をみんなに伝えていったりして、「おじさんの人生がよりよくなるためのマガジン」というコンセプトです。

○目次

はじめに ソーシャリアルな時代だからこそ”名刺”が人脈構築のカギを握る
目次
第1章 ソーシャリアル時代の名刺術とは
・日本人の99%は全く役に立たない名刺を使っている
・いま求められている名刺とは
・名刺で会いたい人を引き寄せるには
・名刺でブランディングを確立させるには
・名刺をビジネスに直結させるには
第2章 ソーシャリアル名刺の作り方
・自分って何者なのか
・自分の商品・サービスを理解してもらうには
・自分のパーソナリティを伝えるには
・初対面でも会話を成立させる方法
・名刺交換後にマイメディアに誘導させるには
第3章 実録 名刺制作の現場
~ソーシャルおじさん1号 徳本さんの名刺を作ろう~
・ヒアリング編
・作成編
・印刷&ブラッシュアップ
第4章 AR名刺でソーシャルメディアと楽々連携!
・AR名刺とは
・名刺交換のあり方が変わる
・名刺交換から次のアポイントを取るには
・動画を活用してプレゼン力アップ
・これからのAR活用
おわりに
著者紹介
奥付

○著者プロフィール

福田 剛大(ふくだ たけひろ)

fukuda

仕事が取れる名刺の専門家
日本名刺協会理事

1968年生まれ。岩手県出身。日本大学法学部卒業。

会社員時代に対人恐怖症に悩まされるも、半年に3000人との名刺交換をきっかけに、渡すだけで仕事が取れる絶対受注名刺メソッドを確立。
電通ワンダーマンなどを経て2006年サイ・クリエイション設立。
円滑なコミュニケーションを生み出すデザインと、使命を引き出すコンサルティングに定評がある。
話ベタな営業マンや個人事業主、士業を中心に「渡すだけで仕事が取れる名刺作成術」「自分ブランドを仕事に活かす営業法」をテーマにした講演・セミナー活動を展開。
「名刺を作ることで事業が発展した」という声が多数寄せられている。

経済産業省後援ドリームゲートアドバイザーグランプリ2012・2013「営業支援・販路拡大部門第1位」2年連続受賞。

NHK WORLD NEWSLINEや、TBS「マツコの知らない世界」を始め、名刺のスペシャリストとしてTV・ラジオ・新聞・雑誌などマスコミ取材多数。

著書に「24人1人 渡すだけで仕事が取れる絶対受注名刺」(ハギジン出版)
「仕事が取れるすごい名刺交換5つの鉄則」(学研パブリッシング)
起業家・個人事業主のための 絶対に選ばれる! 「ビジネス・プロフィール」のつくり方(同文舘出版)がある。

http://shunkan-dentatsu.com/

徳本昌大(とくもと まさひろ)

10428429_10152909336314127_4822248969823155299_n
1963年、東京生まれ。複数の広告会社勤務を経て、現在、株式会社アドフロンテのソーシャルメディアコンサルタントとしてコミュニケーションデザインに従事。ソーシャルメディア上でも「ソーシャルおじさん」のニックネームで活動したことをきっかけに、『iPhoneマガジン』、『MacFan』、キーマンズネットなどでiPhone、iPadアプリ、ソーシャルメディアの記事を連載。iPhoneを使ったビジネスパーソンの生産性の向上をテーマに、ブログ執筆やセミナーなどを行っている。最近では東南アジアとのビジネスも展開するなど多方面で活躍中。

http://tokumoto.jp/

ソーシャルおじさんの未来のつくりかた by 徳本昌大
ビジョンxパッションxアクションで習慣化の達人になり、夢をみんなで実現する方法

著書に、「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)、「乗り遅れるな! ソーシャルおじさん増殖中!」(ソフトバンククリエイティブ)、「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)、「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)、「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)、また、電子書籍に「ビジネスに差が付くiPhoneアプリ仕事術」「さあ、東南アジアビジネスをはじめよう! 成功のカギはソーシャルメディアの使い方にあり」(ともにインプレス)など。

○書誌情報

名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方
著者名:福田剛大 徳本昌大
発売日:2015/2/6

○販売書店

kindle_buttan


はじめに

みなさんはどんな名刺を使っていますか?
会社の名刺、個人の名刺、最近ではソーシャルメディアを意識したすてきな名刺を見かけます。
しかし、実際に名刺交換した後のことをみなさんイメージしていますか?
世の中の多くの名刺は相手のことを思い出せない作りになっていたり
何を伝えたいのかかがわからない名刺だらけです。
これは勿体ないですね。

そんな名刺の現状を憂いて、今回私たちはソーシャリアル時代の新たな名刺を提案します。
ソーシャルメディアがコミュニケーションのプラットフォームになって久しく
ここからリアルの出会いがデザインされることが多くなりました。
ソーシャルメディアで仲良くなった人に初めて会ったり
ソーシャルメディアで知ったイベントに参加して、多くの人とと名刺交換するチャンスが増えたのです。
あなたはこの出会いを積極的に活用していますか?

ソーシャルメディアでいいね!を押し合うだけでなく
実際にその人と出会って、面白い会話ができたり
プロジェクトを動かした方が楽しいに決まっています。
その際、武器になるのがソーシャルメディアのようなストーリー型の名刺なのです。

折角、新しい仲間に出会えたのですから、相手に自分のストーリーを
徹底的に知ってもらいましょう。
もしかするとその新たな出会いから仕事が舞い込んできたり、
プライベートでやっている趣味
例えば、ピアノ演奏やイラストのオファーがこの名刺から運ばれてくるかもしれません。
本当にソーシャルメディアやブログ経由でリアルでお会いする機会が増え
そこから仕事につながる事が多くなっています。
その際、よい名刺があれば、よりよい結果につながるはずです。

今回の共著者の福田さんと私の出会いも友人の澤口珠子さんの紹介からでした。
澤口さんは婚活コンサルタントとして活躍するかたわら
絶えず、パーティを企画して、人の出会いをデザインしている「人脈製造機」(とてもすてきな女性)です。
そして、一年ほど前の澤口さんのパーティーで名刺交換して
あっという間に仲良くなったのが福田さんでした。
名刺の達人と名乗られた福田さんの名刺は、さすがにインパクトが強く
一度見ただけで、彼が誰で何をやっているかが一目瞭然でした。

福田さんの様に初対面の人にこの人面白いと思わせて、絶対に忘れられないようにできたら最高です。
福田さんはとはそのパーティーでの会話が弾み、
彼の人柄に惚れた私は、その場ですぐにソーシャルおじさんズに加入していただき
今回二人で電子書籍を出版できるようになったのです。

名刺一枚で多くのコトが伝われば、ビジネスでもプライベートでも
最初からアイスブレークできます。
ソーシャルメディアで写真で投稿すると会話が弾むように
名刺で自分のストーリーを語れば、リアルのコミュニケーションも間違いなく活性化します。
そうなんです!!会話の出だしを自分中心に持っていけるのです。
自分の考えや人柄、趣味などを使って、相手とのコミュニケーションがどんどん進んでいくのです。
名刺をストーリー型に変えるだけで、小さい一枚のカードが、強力な武器に生まれ変わるのです!

そして、今回、私のプライベートの名刺を作り替えていただくことになったのですが
それを電子書籍でみなさんにご紹介することを思いついたのです。
ソーシャルメディア時代の名刺ついて達人の福田さんと徹底的に考えてみながら
私の名刺を仕上げていただきました。

実際に出来上がった私の名刺はとても評判がよく
私は名刺交換した後で、みなさんから質問を受ける事で
自分のことをしっかり説明できるようになったのです。

新しい出会いを次につなげてくれる強力な名刺をあなたも作成してみませんか?
この一冊を読めば、あなたのパーソナルブランディングの考え方も強化されるはずです!!

○販売書店

kindle_buttan

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る