お知らせ

だしソムリエが伝える「だしの魅力」



cover_aroma_rough_new
だしを知っていれば、こんなに料理が楽しくなる!

和食だけの味わいと思われがちな「だし」。
実は、だしは西洋料理や中国料理にも欠かせない「料理のベース」なのです。

日頃から「だし」にこだわっている!という人はもちろん、これから「だし」について学びたいという人にもぴったりな一冊。

【このような方に読んでもらいたい!】
・「だし」を生活に取り入れてみたい!という方
・だしソムリエの資格を取ろうと考えている方
kindle_buttan

○内容紹介

かつお節を、自分で削ったことはありますか?
ふんわりと削るためには、ちょっとしたコツがあるのです。

ベジブロス(野菜だしのスープ)は、どうしてこんなに美味しいのか知っていますか?
とっても簡単な作り方や、うまみの秘密を分かりやすく解説します。

このほかにも、素材を水に浸けておくだけ、手軽にだしをとるやり方や、だしをとった後の昆布を美味しく食べるレシピなど、今日からすぐに使える知識が盛りだくさん。
日頃から「だし」にこだわっている!という人はもちろん、これから「だし」について学びたいという人にもぴったりな一冊。

「だしソムリエ」とは、だしソムリエ検定講座に合格した、「だし」の知識があり、味がわかり、ブレンドできて、料理にも生かせる人のこと。この本では、だしソムリエ認定講師の綴るエッセイを楽しみながら、だしの基礎知識やだしを使ったレシピを知ることができます。


○立ち読み

だしソムリエが伝える「だしの魅力」

○目次

はじめに

1章 だしのキホン

2章 昆布

3章 かつお節とそのほかの節

4章 煮干し

5章 乾しいたけ

6章 野菜だし

7章 だしと和食

8章 だしと中国料理

9章 だしと西洋料理

おわりに 見えないものに、光を当てる 鵜飼 真妃(だしソムリエ協会代表)

○著者プロフィール

だしソムリエ協会(だしそむりえきょうかい)https://dashi.be/

一般社団法人 だしソムリエ協会
2011年6月より、だしソムリエ検定講座がスタート。
受講生延べ約3,000人、40名弱の認定講師を育成。
受講生は主婦・会社員・料理家・飲食店従事者・メーカーや流通の商品開発企画者など多岐にわたる。
始めた当初からメディアの取材は後を絶たず、テレビ・ラジオ・雑誌・新聞などのメディアで数多く取り上げられてきた。
現在、北海道から九州・沖縄まで、各地でだしソムリエ3級講座を実施するほか、法人とのコラボイベント開催、推奨商品のプロデュースなど活動中。
「だし」を知り、生かして、各自の分野で生かせる人材、各地域で郷土色あふれる食のアピールができる人材を輩出している。

○書誌情報

だしソムリエが伝える「だしの魅力」
著者名:だしソムリエ協会(だしそむりえきょうかい)
発売日:2017/9/27

○販売書店

kindle_buttan

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る