コンピュータ・IT

年商3,000万円を目指す ネットショップ運営者のための7つのヒント

cover_sasagane_ec-1

失敗しない商材選びとサイト構築とは!
様々な事例をもとに事業開発やサイト開発運営のヒントをお伝えします。

【本書を読めばわかること!】

・ネットショップ運営の成功事例
・年商3000万円も夢ではない
・確実な集客テクニックで売上につなげる方法
・取扱商品とサイト構築の考え方

   kindle_buttan

○概要

ネットショップを「始める」のはカンタンです!!
しかし、収益を上げ「続ける」のは簡単ではありません!

本書では、リアル店舗とネットショップで月商250万円=年商3000万円規模の売上を目指したい方々のために、ウェブ制作会社の経営者として著者が実際に携わった様々な事例をもとに事業開発やサイト開発運営のヒントをお伝えします。イラストとリズミカルな文体で、 忙しい経営者の方でもサッと読みやすい内容です。

○目次

1.ネットショップは気軽に始められません
1―1.ネットショップを始めるのは簡単です
1―2.どうして大変なのか
1―3.でもやってみたい方へ

2.取り扱い商品の選び方が年商を左右します
2―1.絶対に選んではいけないアイテム
2―2.ではどういうアイテムがいいのか?

3.なぜ「洗濯機カバー」が売れるのか
3―1.予定外のアイテムが売れた
3―2.もっと買いやすくするために
3―3.無料ストアへの出店

4.ネットショップも店舗も「大通り」にある必要はありません
4―1.楽天やヤフーショップが良いということはありません
4―2.オリジナルショップでブランディング
4―3.路面店ではなく「わざわざ来てくれる」ネットショップにする

5.クレームに怯えず、クレームを「歓迎」する姿勢
5―1.クレームは「初動」一つで明暗が分かれます
5―2.クレームはお店作りのためのヒント

6.20万円の商品を毎月10点売るヒント
6―1.初めて見るビリヤードキューを売るということ
6―2.ネットショップで20万円以上のアイテムを売るカベ
6―3.とにかく聞きまくる
6―4.写真をたくさん撮る
6―5.消費者のフォローをきめ細かく
6―6.イベントの開催

7.ネットショップは完璧に仕上げる必要はありません
7―1.ネットショップは納品物ではない
7―2.制作よりもネットショップと経営的なアドバイスを軸とする

○著者プロフィール

笹金 達也(ささがね たつや)

レトリバーデザイン有限会社 代表取締役
1977年、東京生まれ。 中央大学商学部卒業後、法人営業、システムエンジニア、ウェブデザイナー、ビリヤード・ダーツ用品の ECマスター、店舗管理業務等を経て、 2006年 2月にレトリバーデザイン有限会社を設立。
ウェブサイトの制作スタイルは「多くの言葉より1枚の写真の直感力」と「多くのページより必要な情報を要素化する」で、写真を中心にしたレイアウトを得意とし、多くのクライアントのブランディングを手掛けている。
コーポレートブログ:http://www.retriever-design.jp/

○書誌情報

年商3,000万円を目指す ネットショップ運営者のための7つのヒント
著者名:笹金 達也
発売日:2014/11/ 7

○販売書店

kindle_buttan