お知らせ

《増補改定版2015》本好きのためのAmazon Kindle 読書術

KN31_300

2014年6月に発売した『本好きのためのAmazon Kindle 読書術の増補改訂版2015ができました。この1年、Kindleで新たなサービスが導入されたのに合わせて、2015年版である本書は2014年版を増補改定しました。

電子書籍の特性を活かして可処分時間を増やそう!

【本書を読めばスッキリすること】
・今さら聞けない電子書籍のアレコレ
・そもそもKindleって?
・電子書籍ならではの読書法
・紙の本では実現できなかった…もっと本をたくさん読める!

kindle_buttan

★本書は新版2017が出版されています(2017.5)

○概要

「読書が好き」という人にお聞きします。
紙の本じゃないと読書した気にならない、電子書籍はいまいちハードルが高い、Kindleをいまひとつ活用しきれていない、と思っている本好きはいませんか?

本書を読めば、電子書籍に感じる不安を1ミリも残さずスッキリします。

今さら人に聞けない電子書籍のあれこれやKindleの基礎知識から、隙間時間を使った読書法、読んだ後のアウトプット術までを著者が惜しみなく披露します。
Kindle PaperWhiteを愛用し、電子書籍勉強会を開催する著者の和田さんは、実質、これで読書量が2倍になりました。
そして、多読だけでは終わらず、出会った情報をしっかり自分のモノにし、記憶と記録を有効活用しています。

3日で1冊。
AmazonとKindleと読書。
確実に読み進められる新・読書習慣術を身につけませんか。

2014年版『本好きのためのAmazon Kindle 読書術』は、発売以降多くの方にダウンロードしていただきました。
この1年、Kindleで新たなサービスが導入されたのに合わせて、2015年版である本書は2014年版を増補改定しました。

明日からあなたの生活に本が手放せなくなるはず。
さあ、本を携帯して外に出よう!

* * *

〜2014年版『本好きのためのAmazon Kindle 読書術』をご購入いただいた方へ〜
2014年版発刊後の追加修正情報のみを掲載したUPDATE版がございます。
《差分版:UPDATE 2015》本好きのためのAmazon Kindle 読書術』をお買い求めください。

○立ち読み

Kindle読書術増補改訂版

○目次

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
第1部 電子書籍による多読のすすめ
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

増補改訂版のための はじめに

第1部 はじめに

第1章 Kindleと電子書籍の基礎知識
1―1 端末はどれがいい? 意外と知らない端末の選び方
●読書好きでも誤解の多い電子書籍
●身近なところで使い勝手のいい端末を選ぶ
●Kindle本のジャンルと端末には相性がある
●結局、どの端末を選ぶべきか?
〈コラム〉意外とわからない!? iPhoneからKindleを購入する方法
1―2 どうやって本を見つけるか
●本を見つける前に! Kindleの3つのルーツ
●買ってがっかりしない! 目当ての本を見つける5つのチェックポイント
1―3 Kindleの普及で広がる電子書籍マーケット
●『「Chikirinの日記」の育て方』の衝撃
●著者と読者が直接つながる電子書籍
●入口としての電子書籍、出口としての電子書籍

第2章 KindleはAmazonのクラウドサービスだ!
2―1 Kindleなら蔵書管理もサクサクできる
●端末の容量が一杯になっても大丈夫!?
●蔵書の管理はMy Kindleで
●購入したKindleとアップデート
2―2 ハイライト機能で手軽にアウトプット
●Kindleのハイライト機能
●ハイライトをSNSでつぶやく
●ハイライトの別の活用法
2―3 お得な情報を逃さない! セールの活用法
●Kindleで本をレンタルする
●Kindleのセール情報をゲットする
●Kindleの買いどき

第3章 ソーシャルメディア時代のアウトプット読書術
3―1 忙しくても読める。隙間時間で読書
●紙の本では難しかった読書量を飛躍的に増やすコツ
●敬遠しがちな本こそKindleで読むほうがいい理由
●ゼロかイチかの発想では読書量は増やせない
●紙の本やオーディオブックと組み合わせる
〈コラム〉読書を習慣化する6つの方法
3―2 読んだだけでは終わらせない。アウトプット活用法
●メディアマーカーを使った読書記録
〈コラム〉メディアマーカーを活用してKindle情報を獲得する
●Evernoteを使った読書記録
●メディアマーカーとEvernoteを連携させた読書記録
〈コラム〉どこの読書系サービスを利用するか
3―3 マインドマップとKindleで読書記録をまとめてみる
●マインドマップとは
●マインドマップで書籍の内容をまとめる方法
●Kindleのハイライトとマインドマップ
●マインドマップはデジタルかアナログか
〈コラム〉マインドマップの基本を押さえる

第1部 おわりに
〜読書でしか出会えない情報がある

第1部(既刊本)記載情報のアップデート

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第2部 多読で得た情報をKindleで整理する方法
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第1章「Kindle for PC/Mac」の登場で変わる読書のスタイル
1―1 デスクトップ環境でKindle本を読むための3つのツール
●Webブラウザで読める「Kindle Cloud Reader」
●Kindle Cloud Readerで読める本
●デスクトップ専用アプリ「Kindle for PC/Mac」
1―2 Kindleと情報処理の仕組みを考える

第2章 読書環境の使い分けでインプットとアウトプットの質を高める
2―1「Kindle for PC/Mac」で快適な学習環境を構築する
2―2 Kindleのハイライト編集をサクサク行う
●KindleのハイライトページとKindle for PC/Macの連携
2―3 Evernote Webクリッパーで参考資料を作成する
●Evernote Webクリッパーとは何か?
●本の図表をEvernoteに保存する
〈コラム〉本のハイライトやスクリーンショットはどこまで利用して良いのか
2―4 Kindleで理想の情報処理ワークフローを構築する
●「feedly」でブログに更新通知を受け取る
●「Instapaper」で読みたい記事を一旦保存
●情報処理の基本は1カ所にあつめること
●あとで読むサービスは「Pocket」派という方へ
〈コラム〉InstapaperからKindleへWeb記事を送信する方法

第3章 その他のドキュメントもKindleに送信する
●Send to Kindle for PC/Macの利用方法

おわりに
〜Kindleは読書の概念を変えようとしている

既刊本記載情報のアップデート

著者紹介
奥付

○著者プロフィール

和田 稔(わだ みのる)

アイコン色つき小

ブロガー/ITエンジニア。

ロスジェネ世代の新しいワークスタイルを模索するブログ「モンハコ~問題の8割はコミュニケーション」を主宰。ブログでは、書評、ライフハック、心理学、iPhoneなどの話題を中心に更新中。Kindle PaperWhiteを愛用し、電子書籍の素晴らしさを伝えるためKindleの活用法に関する勉強会も開催している。Twitter @mon8co

○書誌情報

《増補改定版2015》本好きのためのAmazon Kindle 読書術
著者名:和田 稔
発売日:2015/9/5

○販売書店

kindle_buttan

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る